代表者挨拶

「世界活躍する岡山の企業を目指して」

先々代が「横田商会」として起業し40年余り、自動車部品リサイクル会社として屋台骨は変わらずここまで歩んでこれたのも、先代 ( 現在の会長)の道しるべがあったからこそです。

会社を大きくするため色々な事業を広げその企業形態を大きく様変わりする会社が多い中、「株式会社 RC ヨコタ」が現在のリサイクル事業で海外進出をなせるまで順調に業績を伸ばせたことは、関連企業の皆様のお力添えと、家族同然に思ってもらえるスタッフの力があったこそと思っています。

スタッフ皆においては、人こそ会社の全てだと思います。スタッフ一人一人には大事な家族があります。その家族を守っていくことこそが会社というものではないかと思います。時に苦労を分かち、喜びを分かち合える家族と、スタッフが私の財産であります。

時として、時代は移り変わっていくもので時間は止められるものではありません。大事にしていた車や、作業重機機械も時代の流れにより不要になってしまうもの。

しかし、その思い有るものに再び命をあたえる。形をかえて現代の仕様に生まれ変わる。そのお手伝いが出来る私と、スタッフにおいてはやり甲斐のある、誇り有る仕事に従事できる果報者であります。

永年、リサイクル事業を展開するに当たって、日本から海外へ世界規模の「感謝を頂ける・感謝を忘れない」会社として、地域経済、環境に配慮し、社会的責任を負って感謝を第一に重んじる会社を目指してまいります。

RCヨコタ代表取締役からの挨拶